新世言 5月号つづき

 苦難をどう受けとめるか
 人は本能的に生きようとする。生きていくには、飲み物食べ物を口
にしなければならない。さらに加えて塩が不可欠である。
 戦国の覇者となった徳川家康でもついに勝てなかった武田信玄が
東海方面へ進出したとき、「塩留め」によって窮地に陥った。武田の領
地は海に面していない。塩が入らなければ領民は塗炭の苦しみを味
わう。その窮状を救うべく信玄に塩を送ったのが、宿敵ではあっても
「義」を重んじる越後の上杉謙信だった。
 それほど生存に欠かせない塩も、過剰に加えたら食べ物の味は損
なわれ、健康を害する。何事にも適量があるのだ。家康の遺訓にもあ
る通り、過ぎてはいけない。不足もいただけない。
 最近では食事の減塩が奨励されているが、これにも程がある。塩分
の摂りすぎは禁物だが、ナトリウム以外のミネラル分もたっぷり含んだ
塩が足りなくなると、細胞の力が弱まって病気の回復が遅れたり、病
気に罹(かか)りやすくなるという。極端に塩分を制限したことで昏睡状
態となって病院に運ばれるケースもあるという。個々の体質や病状に
よって適量は違ってくるが、塩も食べ物も質とバランスが大切である。
 その塩は「からさ」を本領とする。「からさ」が味を引き締め、深みをつ
け、そして邪気も祓(はら)う。神道で塩は清めのために用いられてき
た。大相撲の力士も土俵で塩をまく。砂糖の甘さでは邪気を祓い清め
られそうにない。昔は傷口に塩をすり込んだりもした。痛いほどの「から
さ」が病原菌を寄せ付けず、食べ物を腐敗から守ってくれる。
 塩加減によって食べ物の味はまるで違ってしまうところが面白い。料
理の名人は見事な塩の使い手でもある。
 人生の苦難も、塩に似たはたらきをしている。度重なる苦難は、生き
る力を萎(なえ)えさせる。しかしまた、一つの苦難もない人生は、生き
るに値するであろうか。
 人はただ生きてるだけでは満足できない。自分の向上を願い、生き
甲斐をもって生きたいと希(こいねが)う。そのためには、苦難というハ
ードルを超えながら歩まなくてはならない。一つひとつの苦難を乗り越
えながら、人生は清められ、充実の度を増していく。
 苦難をどう受けとめるかで、人生はまったく違ったものになる。その受
けとめ方が、人生の塩加減といえるだろう。
 「もうどうにでもなれ、やぶれかぶれだ」という投げやりの姿勢では、塩
が効き過ぎて自滅してしまう。苦難を恐れてビクビクしているようでは、
塩の効果が活かせない。
 その時々で苦難の意味を見極め、「有り難い天の警告」だと喜んで受
けとめ、的確に対応する。その加減がわかってきた人を、人生の達人と
呼べるのだろう。

             新世言 5月号  倫理研究所理事長 丸山 敏秋     








 





 
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:72 最後に更新した日:2018/07/11

search this site.

others

mobile

qrcode