新世言 12月号

 「たましい」と向き合う

                 倫理研究所理事長 丸山 敏秋

 弊誌の発行元である社団法人倫理研究所は、九月から年度が改まる。今年
度は新たな基本方針として「たましいに響く実践・普及に挑む」を打ち出した。
 その「たましい」という言葉に、違和感を抱いた人もあったようだ。「心」ならば
わかるが、「たましい」となるとおどろおどろしくて非科学的なイメージが強い、
と言ってきた人もいた。
 そうかもしれない。「霊」とか「魂」とか「霊魂」と書くと、余計にそう思われるだ
ろう。だが、大和言葉の「たましい」は少し前までの日本人にとって、慣れ親し
んだ普通の言葉として使われていた。今でも「たましいを込めて」とか言うでは
ないか。
 辞書を引けばわかるように、「たましい」には大きく二つの意味がある。一つ
は、人の奥底に宿って心や生命のはたらきをつかさどる何かである。もう一つ
は、生まれる前にも死んだあとにも存在する自分の元である。両者は別々で
はなく、一体だと昔から考えられ、「たま」とも呼ばれてきた。
 「たましいに響く」とは、「心に響く」よりも強く訴える表現である。もちろん「た
ましい」の存在を前提としている。「たましい」が科学的に証明されないからと
いって、そんなものは存在しないと決めつけるのは独断に過ぎる。そもそも人
は何から成り立っているのだろう。
 
   もしそれ人とは  人のからだのことであると
   さういふならば誤りであるやうに
   さりとて人は
   からだと心といふならば
   これも誤りであるやうに
   さりとて人は心であるといふならば
   また誤りであるやうに
 
 これは宮澤賢治の〈月天子〉という作品の一節である。この天才は、人の中
に体と心だけでない別のあるもの、尊ぶべき何かを見出していた。それを「た
ましい」と明言はしていないけれども。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:72 最後に更新した日:2018/07/11

search this site.

others

mobile

qrcode