新世言

 新たな国づくりへ

 文明病の根本にあるのは「楽の追及」という願望だろう。
 第一のそれは、安楽の追求である。すなわち「楽をしたい」と言う思い
だ。きつい仕事はやりたくない、面倒な事には関わりたくない・・・・・。
次々に市場に出まわる家電製品は、どれも人間に安楽を与えるために
開発されたものである。
 第二は、快楽の追求である。美味しいものを食べる、よい服を着る、面
白い番組を観る、好きな趣味に興じる・・・・。世に楽しみは多い。そして
快楽願望には際限がない。
 安楽と快楽を追い求めると、なかなか叶えられないことに苛立ち、スト
レスがたまる。健康を損なうようにもなる。長寿村の人々の生活ぶりを
調べればすぐにわかることだ。村人は粗食にして質素、早寝早起きし
て勤労に励み、多くを得ようと思わない。都市に暮らす現代人とはまる
で逆なのだ。
 沖縄県に長寿で有名な、大宜味村(おおぎみそん)がある。そこは県
内市町村の中で村民所得がいちばん低い。なのに筆頭の長寿村なの
は、村民はほぼ自給自足で、自然の恵みに感謝し、食べ過ぎることは
ないからだという。人の体は大昔からそう変わっていないことを、われわ
れは忘れてしまっている。飽食と運動不足は体によくないばかりか、感
性や直観力を衰えさせる。
 都市生活で電力を節減してみて、さほど支障がないことを、震災を機
に多くの人たちが知った。あれは貴重な経験だった。過剰に電力を消費
してまでも「楽」を求めようとすつのは、人の倫理(みち)に反している。
文明生活では、無意識のうちにエネルギーを消費させられている面が
あるから用心したい。水も、食料も同様である。
 日本のエネルギー政策は根底からの見直しが始まった。防災対策も、
災害に強い街づくりも、これからさらに促進される。学校での防災教育
も強化されるであろう。国民の側も意識を高めて、積極的に協力してい
こう。それが新たな国づくりとなる。
 大震災がまたいつ起こるかと、ビクビクする必要はない。「備えあれば
憂いなし」である。この格言を知ってはいても、実行できているかどうか。
 他からの援助がなくても二週間は生きられるよう、食料や水や燃料を
各家庭で備えたい。いざという時にどこえ避難し、どう連絡を取り合うか
を、家族で話し合っておこう。「(災害が)いつ起きても不思議ではない」
と覚悟も定めよう。いざという時に頼るのは直観(直感)である。気づいた
らすぐする「即行」の実践を通して、直観力を磨いておこう。
 そうした物と行動と心の面での備えは、変動の多い現代を生きる上で
の大切なマナーでありモラルである。

            新世言・8月号
                      倫理研究所理事長 丸山 敏秋  


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:72 最後に更新した日:2018/07/11

search this site.

others

mobile

qrcode