新世言

     なぜ私でなくあなたが?

                      倫理研究所理事長  丸山 敏秋

 南米のアンデス文明の系統であるインカ帝国は、十六世紀の前半に、ス
ペイン人のフランシスコ・ピサロが率いるわずか170人足らずの征服者に
よって簡単に滅ぼされてしまった。
 なぜそうなったのか?滅ぼされたのがスペインの側ではなく、どうしてイ
ンカ帝国だったのか?そんな疑問を持つ人は少ない。
 アメリカのジャレド・ダイアモンド教授(カリフォルニア大学ロサンゼルス校
医学部)は、インカ帝国の滅亡も含めて、一万三千年にわたる人類の文明
の発展と衝突の謎を解き明かそうと、『銃・病原菌・鉄』という大著を書いた。
 プロローグ(前書き)によると、今から四十年近くも前に、鳥類の進化を研
究していた著者は、ニューギニアの海岸を歩いていた。そのとき出会った
「ヤリ」という名の政治家と話をしていて、次のような質問を受けたという。
 「あなたがた白人は、たくさんのものを発達させてニューギニアに持ち込ん
だが、私たちニューギニア人には自分たちのものといえるものがほとんどな
い。それはなぜだろうか?」
 世界には様々な文明がある。強大な文明もあれば、弱小なために滅ぼさ
れた文明もある。どうしてそうした格差が生じたのか?・・・・「ヤリ」の問いを
こう置き換えて、著者は謎解きに挑んだ。深く真摯に研究すれば、この難問
にも答えを見出せる。文明の力の差が生じた理由はいくつもあることを、そ
の本は教えてくれた。

自分なりの答えを見出す

 人は「なぜ?」「どうして?」と問う動物である。原因や理由をしりたくてな
らない。学問はそうした疑問から生まれた。日常的なことでも、わからなか
った問いに答えが見出せたときの喜びは大きい。さらなる疑問に立ち向か
いたくなる。
 しかし世の中には、いくら追究しても答えを見出せそうにない問いがある。
「なぜあの父母のもとに自分は生まれたのか?」「どうして女(男)に生まれ
たのか?」「結婚することになる相手と、あのときなぜ出会ったのか?」
「なにゆえに幼な子のまま死ななければならなかったのか?」・・・・
 生や死については、不可解なことだらけだ。さまざまな「出会い」について
も、原因や理由はよくわからない。
 どうしてもわからないことは、そのまま受けとめるしかない。だがまた、正
解かどうかは別として、自分なりの答えを見出すことに意味がある問いとい
うものがある。

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:72 最後に更新した日:2018/07/11

search this site.

others

mobile

qrcode